Mind

技術のお直しの時に考えること

お直しの時こそ大きなチャンス

美容師をしていてお客様からカットのもう少しここを直してほしいということやパーマをかけなおして欲しいといったこともごく稀にありますよね。

お直しの問合せは非常に心が痛くなります。

誰も悪くしようと思ってやっているわけではないのですが感覚の不一致やカウンセリングでのスタイルの共有不足、説明不足、髪質に対しての見通しの不一致などなど原因は様々です。

特に初めてのお客様では履歴がない分思った感じにならないということもあります。

同じカラー剤やパーマ液を使ったとしても髪質やダメージの履歴などで仕上がりは大きく変わってきます。

何度かご利用いただいているお客様では履歴がわかっているのでそれをベースに調整することも出来るのですが初めてのお客様の場合はその物差しがないので思ったような仕上がりにならないということも稀に出てきてしまいます。

そういった場合にお直しに来ていただくことが出来た場合は自分にとってとてもいいチャンスだと考えるといいでしょう!

どう考えるかで今後が変わる

お直しの問合せや予約が入っている場合は気持ち的にネガティブになりがちですよね。

自分自身もお直しのケースがすごく多いタイプだったので気持ちはよくわかります。

そこを少し考え方を変えてみてお客様により満足してもらえるためのチャンスと捉えるようにしてみるとお直しに対しての取り組み方も大きく変わるかもしれません。

お直しに関してだけではなく何に対してもそうですが難しことや大変なことは生きていく上でたくさん起こります。

最近のコロナによる日常の変化もそうですが大変だと思ったらどんどん状況が大変になっていってしまいます。

それを逆にチャンスと捉えるようにすると状況が大きく変わってきます。

どうせ同じ状況なら大変だなとかイヤだなと考えるよりもチャンスと捉える方が後々の結果や気持ち的なものもかなり変わってきます。

大ピンチこそ大チャンス

大きな問題やトラブルが起きると本当に大変だと思います。

しかしその大きな問題やトラブルを解決すると大きな経験を積むことが出来て結果としては自分の中の大きな財産になっていきます。

その時はかなり大変で辛かったけど乗り越えてみたらいい思い出になったという経験は誰しも一つや二つはあるかと思います。

目の前の現実は大変かもしれませんが乗り越えた先の未来をイメージすると目の前のことが大したことではなく感じるかもしれません。

美容師の仕事をしていく中で色々な経験をしていく中で必ずいい美容師人生を送れるようになっていくと思います!

ちょっと視点を変えて考えてみるのもいいですね!

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ABOUT ME
urushihata
urushihata
美容師という仕事をベースに人生に「夢」や「楽しさ」「ワクワク感」を伝えていきたい!スタイリストデビュー後、月に10件以上のクレームをもらい美容師の仕事に何度も挫折しかけました。そんな経験があるからこそ「挑戦」を「継続」することで達成できるものもあるということを発信していきます!